CFRP炭素繊維強化プラスチック、ステンレス、アルミ、銅、真鍮の金属
不織布(研磨パット)、カーボン繊維、セラミックスなど金属以外の素材

試作・見積りさせていただきます













アルミ・黄銅の切削加工







アルミ・黄銅・ステンレス等の機械加工承ります。

マシニングセンター
フライス
旋盤
ワイヤーカット
細穴加工機


機械加工は1点(試作品)から量産まで対応いたします。

セラミック・イリジウム・チタン・工業ダイヤなど難加工材の加工も1個から承ります。
興味がございましたらご連絡ください。

カーボン成形のお引合いもお待ちしております。

スピック株式会社 営業 宮城

フォームメール または電話 0463-81-2145

お気軽にお問い合わせください。

2011914


『アルミ特殊変形加工』

上部が円錐、途中から四角錐。
違和感なく、段差なく加工しています。






航空宇宙関連部品
風洞実験用モデルです。


試作品(1個)・量産品まで対応させていただきます。

お気軽にご連絡ください。

ご質問、お問い合わせは
フォームメール または電話 0463-81-2145(営業課 宮城)

2010年7月9日


『工業用ダイヤモンドの端材利用』

高価な素材の製品化のご提案です。

例えば工業用ダイヤモンド。
サイコロ大で数万円もする材料。
端材であったり、欠け、ヒビなど。

写真はドリッカマーアンビル。
黒い箇所がダイヤ。周りは超硬です。






写真左の黒い素材がダイヤ。
欠けが生じたものです。



中央部を加工し製品化したアンビル。



高圧試験などに使われるドリッカマーアンビルなど
工業用ダイヤモンド加工を得意としています。

その他、レアメタルの取り合わせなど

お気軽にご連絡ください。

ご質問、お問い合わせは
フォームメール または電話 0463-81-2145(営業課 宮城)

2009年5月9日


『宇宙関連製品』

風洞実験に使われる模型の製作。

外観の仕上げも行いました。










素材はアルミ・ステンレス・チタン・スチール・真鍮など全て対応できます。

焼鈍・鍛造・その他、熱処理も併せてご相談ください。

試作品・量産品対応させていただきます。

お気軽にご連絡ください。

ご質問、お問い合わせは
フォームメール または電話 0463-81-2145(営業課 宮城)

2009年4月17日


『試作品や1品物の受注お受けします』

研究機関などの高品質、高精度の製品に対応させていただきます。

写真は航空機関係の風洞模型です。















素材はアルミ・ステンレス・チタン・スチール・真鍮など全て対応できます。

焼鈍・鍛造・その他、熱処理も併せてご相談ください。



お気軽にご連絡ください。

ご質問、お問い合わせは
フォームメール または電話 0463-81-2145(営業課 宮城)

2009年3月19日


『チタン材への加工例』

チタン加工:切削・穴あけ・曲げ・溶接etc







チタン・ステンレス・超鋼・イリジウム・工業用ダイヤモンド・真鍮ほか
お気軽にご連絡ください。

ご質問、お問い合わせは
フォームメール または電話 0463-81-2145(営業課 宮城)

2008年9月4日


『チタン材への細穴加工(試作)』

φ25mm丸棒へφ0.3mmの穴をあけてみました。

写真の通り、長い穴あけ・斜めの穴あけが可能です。

(穴をあけた箇所にワイヤーを入れてあります)




(真中でスリッドしてみました)




素材は金属全般OKです。
チタン・ステンレス・超鋼・イリジウム・工業用ダイヤモンド・真鍮ほか
興味がございましたらご連絡ください。

ご質問、お問い合わせは
フォームメール または電話 0463-81-2145(営業課 宮城)

2008年8月25日


『個人様からのご依頼も喜んで引き受けさせていただきます』

今回はヴァイオリンの製作時に横板を曲げるための道具(ベンディングアイロン)のご依頼を受けました。
用途に合わせて大きさや形、素材なども色々とあるそうです。

作成したベンディングアイロンは真鍮製です。
 




量産品に限らず1個から製作お受けいたします。
興味がございましたらご連絡ください。

ご質問、お問い合わせは
フォームメール または電話 0463-81-2145(営業課 宮城)

2008年8月5日


炭素繊維(Carbon fiber)への穴あけ

耐磨耗性、耐熱性、熱伸縮性、耐酸性、電気伝導性、耐引張力に優れ、アルミに比べてもさらに軽量である炭素繊維。
軽量でいて高強度のため航空機、自動車のボディー、シャーシへの需要が期待されている。

弊社ではこの炭素繊維(カーボン)に穴あけ加工をするためのドリルの開発をしている。
テスト段階では3mmの炭素繊維に難なく穴をあけることが出来た。
バリや毛羽たちも殆ど無く、ドリルの耐久性も確認できた。

ちなみに通常のドリルでは歯が立たない。

 







機械加工:機械加工/小ロット(1個から)対応させていただきます。

ご質問、お問い合わせは
フォームメール または電話 0463-81-2145(営業課 宮城)

2008年5月1日


小さな製品。細かい加工。
ステンレス・真鍮・銅などに多加工を施し、表面処理(塗装・メッキ)、組立まで仕上げます。
弊社得意とする素材から製品まで、金属の加工はまとめさせていただきます。

加工区毎に協力会社を持つよりも在庫管理や生産管理にお役に立てます。

 

 



機械加工:機械加工/小ロット(1個から)対応させていただきます。

ご質問、お問い合わせは
フォームメール または電話 0463-81-2145(営業課 宮城)

2008年4月18日


イリジウムへの穴あけ加工。
φの貫通穴です。
レアメタルゆえ残材も最大限残します。
その他のレアメタルも加工いたします。

 



深さ指定での細穴加工のご用命などございましたらご連絡ください。
穴径0.3mm〜、深さ300mm程度までが可能です。

ご質問、お問い合わせは
フォームメール または電話 0463-81-2145(営業課 宮城)

2008年4月6日


ロケット研究開発に使われるスケールダウンモデル第2弾です。
弊社得意とする機械加工で精密・緻密な加工の一例です。
アルミとステンレス製になります。

図面データのみでは嵌合時に微妙なズレが出てきてしまうものです。
弊社では熟練工による図面だけでは表せない部分のフォローもしていきます。










 ワイヤーカット放電加工機、マシニングセンター、フライス盤の加工用命がございましたら是非お問い合わせください。

ご質問、お問い合わせは営業課 宮城まで 0463-81-2145

2008年3月21日


ロケット研究開発に使われるスケールダウンモデルです。
弊社得意とする機械加工で精密・緻密な加工の一例です。
アルミ製(一部ステンレス)










 ワイヤーカット放電加工機、マシニングセンター、フライス盤の加工用命がございましたら是非お問い合わせください。

ご質問、お問い合わせは営業課 宮城まで 0463-81-2145

2008年1月22日


極低温処理をすることによる残留応力の変化について

☆極低温処理とは物質を常温からゆっくりマイナス196℃まで下げ、その後プラス150℃まで上げ、更に常温まで戻す。
この一連の工程を約60時間をかけて行う処理を云います。

☆極低温処理をすることにより、色々なメリットが発生します。
 ○例えば
 オーディオ・ビジュアル用ケーブルを処理することにより、音が綺麗になる。
 切削工具を処理することにより、寿命が長くなる。
 金型を処理することにより、寿命が長くなる。等など処理のメリットは数多く、実績も積んでおります。
 理由は耐磨耗性、耐衝撃性の上昇。金属の強さが増し、金属疲労が出難くなる等の理由と思われます。

 そこで、今回は極低温処理が良いことは結果的に明らかになっていますが、金属にどのような変化をもたらしているのか?
 計測会社様のご協力を得て、処理前と処理後の金属の残留応力を測定してみました。

 今回測定した物はタップ、ドリル、チップ、コバルトソーの4種。
 測定箇所は赤印の箇所です。









処理前応力(MPa) 処理後応力(MPa) 変化値
タップ M5×0.5 -1073.4 -1093.9 -20.5
ドリル φ8.5 -623.5 -735.0 -111.5
チップ -1601.3 -1770.1 -168.8
コバルトソー -465.8 -639.9 -174.1

★極低温処理についてご興味がございましたら、是非ご連絡ください。
★見積り、ご相談などお気軽にご連絡ください

ご質問、お問い合わせは営業課 宮城まで 0463-81-2145

2007年4月2日


細穴の加工(底突き穴加工)をしてみました。
穴あけ加工では通常、貫通穴が一般的ですが今回は深さ指定(底突き)での加工です。

下の加工例は、SKD材 焼入れ硬度62 穴径は0.5mm、深さは3mm〜18mmです。

(左側の写真が穴を開けた状態。右側の写真が断面写真です)
 

 

 

(拡大、角度を変えて写したものです)


(左側から深さ3mm、6mm、9mm、12mm、15mm、18mmです)
 

深さ指定での細穴加工のご用命などございましたらご連絡ください。
穴径0.3mm〜、深さ300mm程度までが可能です。

ご質問、お問い合わせは営業課 宮城まで 0463-81-2145

2007年1月6日


流体実験に用いられる模型の製作を行いました。

大学の研究室、研究機関からのオーダーで製作したものです。

 
【風洞実験・試験に使われる縮小模型】

風洞実験・風洞試験ではこのような縮小相似した模型を製作し、物体のまわりの流速の分布や模型に加わる力などを計測するものです。

 

 
弊社ではこのような一品物、試作品等の製作も行っております。

ご質問、お問い合わせは営業課 宮城まで 0463-81-2145

2006年12月15日

 


過去の情報はこちら↓↓




スピック 株式会社 TEL 0463-81-2145 FAX 0463-82-2126 〒257-0031神奈川県秦野市曽屋字曽屋原125